映画・マンガ・小説をヒントに日々のモヤモヤがスッキリ

脚本家の視点|scenariowriters.view

自己成長

「ねばならない」思考はめっちゃしんどい!

更新日:

最初は好きで始めた勉強もお仕事も、気づけば辛くて続けるのも困難な状況になっていませんか?

「今日中にここまで勉強しなければいけない」「ブログを毎日更新し続けなければならない」

この「ねばならない思考はとっても危険! もっと気楽に好きなコト、やるべきコトに取り組みませんか?

義務化してしまうと、楽しくならない

こんな話を聞いたことがあります。

子どもがずっとゲームをやっているご家庭は、ゲームを辞めさせることのむずかしさを知っていますよね。そんなお子さんとこう約束するといいのです。

「ゲームは好きなだけやってもいいけれど、毎日どこまで進んだか、どのアイテムを入手したか報告すること」

そうして報告してきたお子さんに対して、なぜそこまでしか進めなかったのか、もっと他にやれることはなかったのか。毎日つめると、お子さんはゲームが楽しくなってやらなくなったそうです。

自分で「今日はどんな敵を倒そうかな」「あのアイテムを効率よく強くするにはどうしたらいいかな?」と考えてゲームをしているとワクワクして楽しいものです。でもそれが義務となって、毎日の報告ややることを決められると、つまらなくなるのです。

「こうしなければならない」よりも「もっとこうしたらどうだろう」にシフトチェンジ!

趣味でも勉強でもお仕事でも、どんなことでも一緒です。

「〇〇しなければならない」と考えて行動していると、やっていることが義務に感じられて全然楽しくなくなってきます。楽しくなってくると続かないので、まずは続かせることが大事です。

例えば、毎日ブログを更新すると決めたのでしたら、「スマホからでも手軽に入力できる方法はないかな?」「他の人の文章を参考にしてみようか」「お昼休みに毎日1記事書ききるチャレンジしてみようかな」などと考えてみてはいかがでしょうか。

お勉強なら効率良く勉強出来る方法を探してみるとか、いろいろあるはずです。

「こうしたらどうだろう」という考え方で行動すると、試行錯誤してたまには失敗することはあっても、「じゃあ次はこうしたらどうだろう」と楽しみながら続けることが出来ます。気づいたときには自分の成長もしていますので「大変だったけど辛くなかった」状態で成長していくことになります。

ちょっとの考え方を変えるだけで、人生というものは生きやすくなります。

辛い「ねばならな」思考から抜け出して、どうすればできるようになるかを探してみませんか?

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-自己成長
-, , , , ,

Copyright© 脚本家の視点|scenariowriters.view , 2018 All Rights Reserved.