映画・マンガ・小説をヒントに日々のモヤモヤがスッキリ

脚本家の視点|scenariowriters.view

モヤモヤからの脱出 自己成長

なりたい自分に近づく方法

投稿日:

みなさんには夢や理想、なりたい自分の像というのはありますか?

憧れている人はいるけれど、あの人と自分は違うから……と憧れるだけではもったいない。

正しい努力をすれば、数ヶ月後や1年後にだいぶ変わっている自分に出会うことができます。そうすることによって自分の自信も変わってきます。

なりたい自分に近づいてみませんか?

まずはどうなりたいかを明確にする

なりたい自分とはどのようなものでしょう?

漠然と考えているだけでは何もはじまりません。

どうなりたいか、はっきりとわからない人はノートや紙を用意してください。

そこにひたすら単語でも文章でもいいので、好きなコトや嫌いなコトを書きだしてみてください。

好きなコトだけでなく、嫌いなコトも書くことによって、どういったことがやりたくないのかハッキリとわかり、逆に自分自身のやりたいことがわかることもあります。

脚本を書くときも、いきなり完ぺきなストーリーを描くのではなく、描きたいシーンやセリフを思いつくままに描いていきます。そして描くことによって、どういう方向性のお話しを描くか、どういったテーマにするべきかが見えてくるのです。

ひたすら手を動かすことによって、自分の頭の中も整理されてくるので

「私はこれがやりたかったんだ」

「こういう自分になりたい」

という風になりたい自分像がはっきりして、今自分が何をやるべきかが見えてきますよ。

やるべきことをスケジュール帳にどんどん書いていく

やるべきことがわかっても、やりたいなと頭の中で考えていては、いつまで経っても成長しません。

それを行動にうつしていくことが大事です。

英語を話せるようになりたいのでしたら、英会話スクールを○日までに探す。通信講座を申し込む。テキストを購入する。

ダイエットしたいのでしたら、○日までにジムを探して入会する。料理本を探す。

など、「○日までに」と日にちを決めてスケジュール帳に行動すべきことを書いていきます。

期限を決めると、その日までに行動しようという気持ちになりますし、書くことによってスケジュール帳を見るたびに意識することが出来ます。

意識して行動することによって、どんどんなりたい理想の自分に近づいて行くことができますよ。

いかがでしたでしょうか。

漠然と「何か行動しなくては」と思っていても、何からはじめたらよいのかわからないこともありますよね。

しかし紙に書いて今自分の出来ることを把握することによって、どこから手をつけていったらいいのかが見えてきます。

そして行動を続けることによって、なりたい自分に近づいてくださいね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-モヤモヤからの脱出, 自己成長
-, , , ,

Copyright© 脚本家の視点|scenariowriters.view , 2018 All Rights Reserved.