映画・マンガ・小説をヒントに日々のモヤモヤがスッキリ

脚本家の視点|scenariowriters.view

おすすめ映画

2018年冬休み 子どもむけ映画をご紹介

更新日:

一気に気温も下がり冬らしくなりましたね。

あと2週間もすれば小学校の2学期も終わり、冬休みが始まります。

それに合わせて今週末くらいから続々と子ども向けの映画も公開されます。その中からいくつかご紹介いたします。

ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー

昨年まで毎週日曜日にアニメが放映されていたので、お子さんでもドラゴンボールが好きな方も多いのではないかと思います。

我が家の小学5年生と3年生の子どももドラゴンボールが大好きで楽しみにしています。

ストーリーは、「力の大会」が終わって平和な地球からスタートします。修行をしている孫悟空とベジータの前に現れたのが、全滅したはずのサイヤ人の『ブロリー』。フリーザも巻き込み、壮絶な闘いがはじまる、という感じです。

戦闘もの、戦いモノが好きな子どもは楽しめるのではないでしょうか。

妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

昨年はガラッと内容が変わった妖怪ウォッチの映画ですが、今年も昨年とまた違って新しいメンバーのお話しになっています。

時代は1960年代の東京、シン、イツキ、タエという3人の少年少女が猫又などの妖怪たちに出会い、一緒に失われた家族の魂を取り戻すために冒険に出るお話です。

昨年の映画が小学校中学年以上が楽しめるような内容でしたが、今回も小学生以上が楽しめるのではないかと思います。

シュガー・ラッシュ オンライン

シュガー・ラッシュに出て来た天才レーサーのヴァネロペと心優しき悪役のラルフが今回も活躍します。今回の活躍の場はオンライン。

SNSやネットショップなどいろいろなサイトの世界が広がっていて、そこにはディズニーキャラクターたちもたくさんいます。刺激的なインターネットの世界にハマるヴァネロペと現実世界に早く帰りたいラルフ。2人のすれ違いがさらなる出来事を引き起こします。

ディズニープリンセスも勢ぞろいしていますので、エルサやベル、ラプンツェルなどプリンセスが大好きなお子さんも楽しく観られそうですね。

 

今年の冬もお子さんも保護者も楽しめる作品がいろいろあります。親子で観にいくのもいいですし、お子さんだけ映画を観てもらって、その間親はゆっくりするのもありですね。

冬休み映画はすでに前売り券が売られています。

映画によっては前売り券の購入特典がついているものもあり、早ければ売り切れてしまっていることも。もし観に行こうと思っているのでしたら、早めに前売り券を購入することをおすすめします。

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-おすすめ映画
-, , , ,

Copyright© 脚本家の視点|scenariowriters.view , 2019 All Rights Reserved.